So-net無料ブログ作成
検索選択

【京都会場】特定社労士受験対策セミナーのお知らせ [特定社労士]

第10回紛争解決手続代理業務試験を受験されようと思っている皆様へ…

おきらく社労士の特定社労士受験対策セミナー in 京都会場 のお知らせです。
京都会場.png




特定社労士受験対策セミナー in 京都会場
会場 アスニー山科
JR東海道線・地下鉄東西線「山科」駅下車 南へ徒歩約100m

受験対策講座
平成26年9月13日(土曜日) 試験ガイダンス・あっせん事件の考え方
      9月14日(日曜日) 倫理問題の考え方
解答記述対策講座
平成26年11月8日(土曜日)
      問題文の読み方と求められる解答とは
      あなたの書いた解答は、解答の意図が採点者に通じる?

いずれの日も、10:00~16:30(受付は9:30頃より行います)

セミナー終了後移動のため、14日を除き、課外授業として後懇親会を予定しています(費用別途徴収いたします)。講座の途中で質問できなくても、ここで質問OKです[モバQ]


参加費用
9月13日、14日、11月8日のうち、いずれか1日のみ参加  9,000円
                  受験ノート・重要判例集付き …13,500円

9月13日、14日、11月8日のうち、いずれか2日間参加   16,000円
                  受験ノート・重要判例集付き …20,500円

9月13日、14日、11月8日のすべてを参加          22,000円
                  受験ノート・重要判例集付き …26,500円

※ 特定社労士受験ノート又は特定社労士重要判例集どちらか1冊をご希望の場合は、お問合せください。また、6月21日のセミナーにご参加いただいた方には。別途割引を予定しています。


お申し込みお問合せは…
okiraku_sr@@yahoo.co.jp へメールをお送りください。
※ 迷惑メール防止のため「@」マークを1つ多く記載していますので、1つ削除してメールをお送りください。
※ お申し込みいただいたメールをそのまま、主催者へ転送します。

お申し込みに際しては、次の情報をお送りください(コピーして、メールに張り付けてください)

基本情報---------受験対策 京都会場 申込み----------------------
ご氏名:
ご住所:
連絡先電話番号:
メールアドレス:

参加情報------------------------------------------------------------------
※必要事項のみ残して、その他は削除してください。
参加日
 9月13日 ・ 9月14日 ・ 11月8日
書籍
特定社労士受験ノートを   申し込む ・ 不要
特定社労士重要判例集を  申し込む ・ 不要

***コピーしてメールに貼りつけるのは、ここまで***

キャンセルの取扱い
* 書籍については8月末日以後、到着し次第送付させていただきます(送料無料)。
* 京都会場参加費は当日持参でお願いしておりますが、キャンセル等の場合は早めの連絡をお願い致します。


特定社労士受験対策セミナー
京都会場のお知らせはこちら 開催日9月13日、14日、11月8日
東京会場のお知らせはこちら 開催日9月20日・21日・11月1日
熊本会場のお知らせはこちら 開催日10月12日・13日


↓ ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
↓ ついでに ぽちっとクリック、お願いします。

人気ブログランキングへ


お硬いネタ好きの方はこちらへ(笑)
おきらく社労士のどたばた雑記帳@マジメ

※おきらく塾の開催告知は、magmugのメルマガでも行っております。
 購読はこちらから…http://www.mag2.com/m/0001593005.html


※業務錯綜のため、本体ブログの更新が滞っております。
 日々の出来事はミニブログで展開しております。
  比較的真面目なミニブログ…おきらく社労士α 
  リアル日常なミニブログ…… おきらく社労士β
 こちらを、お楽しみください。


おきらく社労士の特定社労士受験ノート〈平成26年度版〉

おきらく社労士の特定社労士受験ノート〈平成26年度版〉

  • 作者: 佐々木 昌司
  • 出版社/メーカー: 住宅新報社
  • 発売日: 2014/06
  • メディア: 単行本



おきらく社労士の特定社労士重要判例集

おきらく社労士の特定社労士重要判例集

  • 作者: 佐々木 昌司
  • 出版社/メーカー: 住宅新報社
  • 発売日: 2014/03
  • メディア: 単行本




nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 8

ミラー

このたびは、お世話になります。

早速、京都会場に、お申込みを
させていただきました。

3日間フルパック申込みです。

判例集だけでも、申込みしようかと
思ったのですが、とりあえず、
金額が判らないので
会場の参加だけでもと思い、
早々とお申込みさせていただきました。

(当日にでも、会場で直接、購入出来たらと思います)

よろしくお願いします



by ミラー (2014-07-07 21:08) 

おきらく社労士

ミラーさんへ

早速のお申し込みありがとうございました。
判例集のみですか? 申込の際(後からでもOKです)に、判例集をと書いておいてくださいませ。東京会場のあっせん価格が加算された額になります(購入代金は同じなので)。

9月以後のセミナーの予定がないので、必要数の購入になりますから、あらかじめ仰っていたかけないと、あっせん価格での販売は難しいと思います。

この点、ご理解くださいませ_(._.)_
by おきらく社労士 (2014-07-08 10:12) 

ミラー

お世話になります。

ご連絡ありがとうございます。

旭屋書店で、判例集を拝見してきました。

今年度版の受験ノートも判例集ともに
購入を決めました~。
コースを、3日連続、テキスト付コースで
よろしくお願いします


by ミラー (2014-07-16 20:03) 

おきらく社労士

ミラーさんへ

ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします_(._.)_
あと2か月で、受験対策、そして特別研修へ突入になります。

特別研修は、遅刻・早退・欠席が認められていませんので、体調管理を万全にしてくださいね^^
by おきらく社労士 (2014-07-17 06:09) 

青の洞窟

お世話になります。
昨年まさかの不合格で、今年2回目の受験となります。

本当は3日間フルで受講したいのですが、日程的に9月の受講は難しく、第3回目のみの参加になりそうです。
特定社労士試験の概要や雰囲気、点数基準などはなんとなく分かっているのですが、昨年はあまりにも恥ずかしい点数でした(泣)
第3回目のみの参加で十分な対策となりますでしょうか。

また、申し込み期限はいつまででしょうか?
(会場の席次第だと思いますが、例年どれくらいで締切になりますでしょうか)

どうぞよろしくお願いします。






by 青の洞窟 (2014-08-19 14:30) 

おきらく社労士

青の洞窟さんへ

>第3回目のみの参加になりそうです。
今年は、受講される方の出足は鈍いので、たぶん直前でも間に合うとは思いますが…前日までキャンセルしても費用発生しませんので(京都会場は当日キャンセルOK でも、道義的には早くお知らせしてほしい)、先行して申し込んで、ご都合が悪くなったら、キャンセルされたいかがでしょうか?

今年の9月期は、法根拠と法理を注入するところから始めますので、できれば、9月からのほうがよいのですがね…

直前期は、9月に話したことを忘れれておられるかもしれないので、10時スタートでも、会場が開き次第セットアップして、復習編を話しているので最悪は1日のみでも…ただ、本当に直前ですので、そこから試験までは、しっかりお勉強していただかないと…^^;

>会場の席次第だと思いますが、例年どれくらいで締切になりますでしょうか

東京会場の直前期は、40人以上の会場にしましたのでたぶん大丈夫です。京都会場は10~15人と考えており、半分ほど埋まっています。
熊本会場は、今からですので、2日間で3日分を詰め込んじゃいますが、20人入るところ5人ぐらいを考えています。

取り敢えず、受講してみようかなと思ったら、仮申込みでもいいですからアプローチしてくださいませ^^
by おきらく社労士 (2014-08-19 20:23) 

ミラー

おきらく先生
お世話になります。
いよいよ、再来週末の13日・14日ですね。
テキストにつきましても、
レターパックで送付いただきました。

研修までに、すべき事前勉強のことなどが
ありましたら、お教えいただけたらと思います。

準備すべきものなども、お知らせいただけたら
ありがたいです。

よろしくお願いします
by ミラー (2014-09-01 12:56) 

おきらく社労士

ミラーさんへ
特別研修の前段は、ビデオの視聴になります。中央発信講義のテキストの内、今日の範囲をあらかじめ斜め読みして、どこに何が書いてあるか大まかにつかんでおくと、聞いていてわかりやすいし、どのあたりが重要な子を話すのかということも見えてきますので、メリハリ付けて視聴できると思います。あそこは弁護士さんの生の話が聞けますから、宝の山です。

グループ検討は、会社を辞めさせられたということは書いてあっても、解雇とも退職とも書かれておらず、抽象的な書き方をされているので、解雇の場合はどうだ、退職だとどうだというように、色々妄想しつつ検討することが、試験に向けてかなり有効な方法です。

このときに、バンバン発言して、意見を交換するのがグループ全体のスキルをあげることになりますので、そこに意識を持って行ってください。

ゼミナールは、グループ検討したことについて、弁護士より質問があります。このときに、最終グループ検討の最終調整ですから、間違えていたことを修正して試験に臨んでいただくことになります。

これを踏まえて、どう勉強するかですが…裁判例のベースになる民法と判決文を時間のある時に読まれたらよいと思います。

なお、受験対策セミナーでは、あくまでも合格に向けての対策ですから、最低軒知っておくべき内容と、文章として意味が通じるのかという点に絞ることになります。
by おきらく社労士 (2014-09-01 14:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

***免責事項***
ここに書かれてあるエントリーについては、エントリーした日の法律に基づいて書いております。その後の法律改正により、内容が異なる場合がありますのでご注意ください。







ブログを作る(無料) powered by So-netブログ