So-net無料ブログ作成

AIJ投資顧問…年金損失88万人影響 [年金]

ニュースによりますと…
企業年金の運用を行う、AIJ投資顧問が顧客からの預かり資産の大半を消失した問題で厚生労働省は、2010年度末にAIJに残高がある厚生年金基金などは全国に84、加入者は54万人にのぼると発表しました。厚生年金基金の運用には15年前に定められたガイドラインがあり「分散投資義務」などが課せられていますが、AIJでの運用比率が5割を超える基金もありました。厚労省はガイドラインを見直す方針です。

テレビ東京

84基金総額1852億円が消えてしまった…さらりと書いてありますけど。
あたしゃその先を、心配するのであります。この点はどこのニュースにも載ってないのです[がく~(落胆した顔)]




(メ▼。▼)y-~~~おら~ あっさりしすぎやろ!マスコミ

消えたのは、厚生年金基金の給付費の運用金ですがな…消えました。ほんでもって、自見庄三郎金融担当相は28日の閣議後の記者会見で、「問題は極めて重大。あらゆる選択肢を排除しない」と述べ、同社の投資運用業者としての登録を取り消すことを検討する考えを示した。

それもいいでしょう。登録取り消しになれば、AIJは廃業に追い込まれるわけで、それらのことは当たり前なんですけど。1852億円どうするんですか?
厚生年金基金が被るの? 迂回させて、基金設立事業主が被るの?
   ( ̄~ ̄;) どうなん??

厚生年基金は運用にあって、適正な運用を行うべく善良注意義務があるよね。。。ここ数年前からヤバいん茶うんという、うわさがあったとか。さぁ、どうなんやろ。
厚生労働省もリスク回避の分散投資義務をガイドラインで定めているけどこれで大丈夫だったの…

あ~たら、こ~たら、たらい回しして、最終的な欠損を、設立事業主に負担させたら、そこで倒産する会社、多いぞ! こんなことマスコミ知らんやろなぁ。。。記者さんが入っている厚生年金基金がAIJ投資顧問に根こそぎごっそり持っていかれたら、もっと真剣に書くと思うけどさぁ…

厚生年金基金から脱退を申し出たら、平気で1人200万円払えと、言ってくる業突張りの基金でありますよ。今回の運用ミスは自分らの責任回避して、1人1000万円払えと言いかねないですよね。基金加入事業所さんは、最悪、基金に対して損害賠償請求なんぞを起こすのもありかなぁ♪

そうなると、面白いやろなぁ…基金の理事クラスはおろか従業員1人まで、ケ○の毛1本までむしり取ってみるとかしないと、真剣にならないのではないかと思っちゃうのでありました。

基金の動向を注視してないといけないのですよ。。。


反面、時々思うのよね…政府の政策上の不備で、国家賠償する際に、その支払われる原資は、国民の税金なんよね。広く浅く国民全体で負担しましょうなんやけど…基本原理は理解できるけど、今回の福島原発の事故。ある種、国の不作為ちゃうん? 
想定外のことが起こったのは事実、でも、原子力行政を推進してきた政府なのに、東京電力1社にその責任を負わせてもよいのかという点…国が責任をとって補償してそのうえで、国民は広く浅く負担すべきだと思う。
だって、そんな無能な国会議員を選んだ責任があるから。。。

日本の不幸は、選んだ人間(公務員)のほうが優秀で、選ばれた人間(議員)が無能であること…><
前の総理も、その前の総理も、●●●やったもんなぁ。。。




↓ ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
↓ ついでに ぽちっとクリック、お願いします。
ブログランキング(法律・法学部門)に参加しています。
banner_22.gif
↓ ついでに もう一発ぽちっとクリック、お願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

お軽いネタ好きの方はこちらへ(笑)
おきらく社労士のどたばた雑記帳



【開業・社労士向けセミナー】おきらく塾のお知らせ♪ 平成24年4月22日(日)東京/平成24年5月20日(日)大阪



超速社労士過去問題集〈2012年版〉

超速社労士過去問題集〈2012年版〉

  • 作者: 佐々木 昌司
  • 出版社/メーカー: 住宅新報社
  • 発売日: 2012/01
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1


***免責事項***
ここに書かれてあるエントリーについては、エントリーした日の法律に基づいて書いております。その後の法律改正により、内容が異なる場合がありますのでご注意ください。





ブログを作る(無料) powered by So-netブログ