So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メルマガ@法改正23号は、特例基準割合(延滞金の率)だよ [メルマガ]

☆★☆--------------------------- おきらく社労士@法改正 -----

----- おきらく社労士。どっとこむ --------------------------☆★☆




|     ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|    ( ・∀・)< 特例基準割合(延滞金の率)だよ
|   __ φ___⊂) \_______________
| /旦/三/ /|
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
| |愛媛みかん|/
|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

こんにちは~♪ おきらく社労士。どっとこむの、おきらく社労士です。


 ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 

   冠にしたハンドルネームに、ハンドルネームを被せてどうする!


長かったお正月休みもあっという間に終わり…
対外的には、そのように言ってましたが、実態は
元旦のみ、ゆっくりして、後は年賀状とお仕事に追われていました。


こんにちは~♪ 塾長兼小間使いのおきらく社労士です。


さてさて、「おきらく社労士@法改正」は、はっきり言って、しょぼいです。

    (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!! ショボインデス

ほんま、どこぞの受験予備校のサイトのほうが、絶対カッケーですか。

でも、しょぼいなりに有名サイトに対抗してみようかと考えています。
ここでの説明は、わかりやすさ優先ですから
実際の改正の話は、リンク先を参照してください。
リンク先の話がすべてです。(`・ω・´)キリッ


では、@法改正。本日も元気に行きま~す♪

おきらく社労士@法改正 第23号のメニューはコチラ♪

 ◆ 延滞金に係る率の改正
   https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/entaizei/entai_wariai.htm
 ◆ 国民年金法の改定率、厚生年金保険 再評価率率に関してH30.4.1改正(予告)
 ◆ おきらく社労士グループのTwitter アドレスのお知らせ
 ◆ 編集後記


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ 延滞金に係る率の改正(平成30年1月1日より同年12月31日)
   https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/entaizei/entai_wariai.htm
_________________________________

リンク先は、国税庁の延滞税の割合のページであります。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/nofu-shomei/entaizei/entai_wariai.htm

健康保険法・厚生年金保険法・徴収法の延滞金を計算するうえで
法律上年14.6%(3か月(徴収法は2か月)までは7.3%)の率を乗じて
延滞金を計算しますが、 

所得税法の取扱い
納期限までの期間及び納期限の翌日から2月を経過する日までの期間については、
年「7.3%」と「特例基準割合(※)+1%」のいずれか低い割合を適用することとなり、

納期限の翌日から2月を経過する日の翌日以後については、年「14.6%」と
「特例基準割合(※)+7.3%」のいずれか低い割合を適用することとなります。


平成30年の特例基準割合=1.6%なので
14.6%> 8.9%(1.6%+7.3%)
7.3% > 2.6% (1.6%+1%)


これに伴って、健康保険法・厚生年金保険法・国民年金法・徴収法の乗率も改正されます。
実質の延滞金に係る乗率は 8.9%(3か月(徴収法は2か月)以内は2.6%)となります。


徴収金額1,000円未満の端数は切り捨て、延滞金の額に100円未満の端数があれば切捨て…
国民年金法に関しては、1,000円は500円に、100円は50円に読み替えればOKです。




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ 国民年金法の改定率、厚生年金保険 再評価率率に関してH30.4.1改正(予告)
_________________________________

国民年金法の27条の4(調整期間における改定率の改定の特例)
厚生年金保険法43条の3
同43条の4(調整期間における再評価率の改定の特例)

この規定が平成30年4月1日、平成33年4月1日と2段階で改正されます。
平たく言うと、最終的に物価の上昇が少なく調整率等を加味した際に
算出率がマイナスになったとしても、1を維持する(改定しない)を

マイナス分を翌年に繰り越すこととするということであります。
これが今回の改正点だったはず…

   ヽ(´o`; オイオイ

ごめんなさい、本業の方が繁忙期に入り
押しているので、条文を十分に吟味している時間がないので
詳細は、月末の平成30年度の年金額が、厚労省発表の際に
まとめてお知らせいたします。

   m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ・・・
   


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ おきらく社労士グループのTwitter アドレスのお知らせ
_________________________________


最近、特に牛さんスピリッツ(しゃろ ウシを目指す人)の皆さんが
垂れ流しの量の多い、

 おきらく社労士 https://twitter.com/okiraku_sr

を、フォローしてくださいますが…。
勉強などの情報を得たいなら、はこちら、

 おきらく社労士。どっとこむ https://twitter.com/okiraku_sr_com

をフォローする方が、より有効な情報が流れてきます

1日に1回は広告と、時たまokiraku_srへ流すネタを誤爆して
流してしまうことがありますが、こちらは、業務直結型の
情報サイトにしています。良かったら覗いてみてください。




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ 編集後記
_________________________________


今日は、十日えびす(東京の酉の市のようなもの)であります。
小さい戎社ではありますが、福娘さん福を授けてもらおうと思ったら
・・・その横にいた体系が福々しいお嬢さんが、福娘さんから
福笹を奪い取るようにして、授けていただきました。

でも、じゃらじゃらとお祓いを福娘さんにしていただきました♪

商売繁盛になるといいなぁ^^



   そうそう! 誤字脱字王ですから、
   多少のものは大目に見てやってくださいませ。
     ぉ原頁ぃ人(*´Д` *)⌒(* ´Д`*)人ぉ原頁ぃ


平成30年は、最初のメルマガは、ちょいと不発気味でありました。
次回の情報をお待ちくださいね…(たぶん、節分のころになります)




☆★☆--- おきらく社労士@法改正 メルマガ発行人 おきらく社労士 -----

            http://www.okiraku-sr.com/

----- おきらく社労士。どっとこむ -----------------------------☆★☆

平成30年1月10日 第23号


----------------------------------------------------------------------
おきらく社労士@法改正

社労士受験講師として、掴んだ法改正情報を受験生さんのために、
しょぼく垂れ流しするメルマガ
       (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!! ショボインデス

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001674361.html
----------------------------------------------------------------------
0001674361




↓ ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
↓ ついでに ぽちっとクリック、お願いします。

法律・法学 ブログランキングへ



※おきらく塾(セミナー)の開催告知は、magmugのメルマガでも行っております。
 購読はこちらから… http://www.mag2.com/m/0001593005.html

※社労士受験講師として、掴んだ法改正情報を受験生さんのために、
  しょぼく垂れ流しするメルマガ
       (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!! ショボインデス

 おきらく社労士@法改正
 購読はこちらから… http://www.mag2.com/m/0001674361.html




※業務錯綜のため、本体ブログの更新が滞っております。
 日々の出来事はミニブログで展開しております。
  比較的真面目なミニブログ…おきらく社労士α 
  リアル日常なミニブログ…… おきらく社労士β
 こちらを、お楽しみください。









おきらく社労士の特定社労士重要判例集

おきらく社労士の特定社労士重要判例集

  • 作者: 佐々木 昌司
  • 出版社/メーカー: 住宅新報社
  • 発売日: 2014/03
  • メディア: 単行本







nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
***免責事項***
ここに書かれてあるエントリーについては、エントリーした日の法律に基づいて書いております。その後の法律改正により、内容が異なる場合がありますのでご注意ください。







ブログを作る(無料) powered by So-netブログ