So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

メルマガ@法改正 25号は、協会けんぽ・都道府県別保険料率ほか [メルマガ]

☆★☆--------------------------- おきらく社労士@法改正 -----

----- おきらく社労士。どっとこむ --------------------------☆★☆


|       ∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|   ( ・∀・) < 協会けんぽ・都道府県別保険料率ほか
|     φ___⊂)    \_______________
|  /旦/三/ /|
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
| |愛媛みかん|/
|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


こんにちは~♪ おきらく社労士。どっとこむの、おきらく社労士です。


 ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ 

   冠にしたハンドルネームに、ハンドルネームを被せてどうする!


節分が終わると、次は…

 (v_v。)人(。v_v)ポッ♪ Valentine day

   Godivaの社長でしたっけ…義理チョコを送るはやめよう
   キャンペーンを広告として打ってはりましたね。

   ありがたいかも♪

だって、お返しそのものよりそれに伴う送料がの方が怖い

   あ! ごめんなさい。見栄張ってしまいました。
   そんなけたくさん、いただくことはないのですが f^^;
   
脱線してしまいました。
節分が過ぎると、協会けんぽの都道府県別健康保険料率などが発表されるので、アンテナをピピピ

  ( ̄・・_、 ̄*)o<聞き耳


こんにちは~♪ 所長兼小間使いのおきらく社労士です。



さてさて、「おきらく社労士@法改正」は、はっきり言って、しょぼいです。

    (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!! ショボインデス

ほんま、どこぞの受験予備校のサイトのほうが、絶対カッケーですか。

でも、しょぼいなりに有名サイトに対抗してみようかと考えています。
ここでの説明は、わかりやすさ優先ですから、実際の改正の話は、リンク先を参照してください。
リンク先の話がすべてです。(`・ω・´)キリッ


では、@法改正。本日も元気に行きま~す♪
おきらく社労士@法改正 第25号のメニューはコチラ…

 ◆ 平成 30 年度の都道府県単位保険料率の決定について(案)
   https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/direction/dai90kai/2018012901.pdf
 ◆ 平成30年度から国民健康保険制度が変わります。
   http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kokuho/20171227174837.html
   http://www.vill.nakasatsunai.hokkaido.jp/kurashi/iryou_nenkin/kokuminkenkouhoken/zendouka.html
   http://www.mhlw.go.jp/topics/2016/01/dl/tp0115-1-08-02p.pdf
 ◆ 平成30年度現物給与の価額(案)
   http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000168331  
 ◆ 編集後記


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ 平成 30 年度の都道府県単位保険料率の決定について(案)
   https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/direction/dai90kai/2018012901.pdf
_________________________________


やっと、協会けんぽのHPに掲載されましたです♪
この後、厚労大臣の認可があれば告示するわけで、毎年2月10日前後に告示されます。


さて、協会けんぽの「平成 30 年度の都道府県単位保険料率の決定について(案)」の
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/direction/dai90kai/2018012901.pdf

文面を読んでみるとね…「標記について、健康保険法(大正11年法律第70号)第160条第1項の規定に基づき、以下のとおり決定する(断定口調)」ですからね。

つまるところ、大臣認可が下りたら「(案)」を消して、告示する手はずになっているわけですな。(o゜▽゜)oニパッ


で! 気になる大阪府の保険料率は、10.17%だから、29年度より0.04%上がったんや( 一一)
でも、1月から国保の被保険者になったから関係なくなったんだけど…

   後は、正式発表後の、日雇い特例被保険者の印紙保険料と
   任意継続の標準報酬月額の上限の情報を集めないと^^;



国保といえば…これ
 ↓↓↓


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ 平成30年度から国民健康保険制度が変わります。
   http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kokuho/20171227174837.html
   http://www.vill.nakasatsunai.hokkaido.jp/kurashi/iryou_nenkin/kokuminkenkouhoken/zendouka.html
_________________________________


(。-`ω´-)ンーどう変わるの?

横浜市健康福祉局HP
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kokuho/20171227174837.html

1.都道府県が、当該都道府県内の市町村とともに、国保の運営を担います。
2.都道府県が財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業運営の確保等の国保運営における中心的な役割を担い、制度を安定化します。
3.都道府県が、都道府県内の統一的な運営方針としての都道府県国民健康保険運営方針を示し、市町村が担う事務の効率化、標準化、広域化を推進します。

よりわかりやすいのが、北海道は中札内村のHP
http://www.vill.nakasatsunai.hokkaido.jp/kurashi/iryou_nenkin/kokuminkenkouhoken/zendouka.html#ido
ここを一読してから、法令の概要等は「関連リンク」を参照をぽちぃ。

簡単に言えば、市町村が保険料(税)を徴収して、都道府県に上納する。
そして、都道府県も国民健康保険の保険者となるため。これまで市町村ごとに行っていた被保険者の資格管理は都道府県単位で行われることになります。

同じ都道府県内で住所を移しても、資格の得喪は発生しない(被保険者証の交付は転居後の市町村で交付してもらう)ため、高額療養費の多数回該当の「当月以前12月間にすでに3回」の要件は、引き継がれることになります。



社労士試験を受けられる方にとっては、「5章 費用の負担」以後の条文が、かなりの数改正されているので、69条から82条ぐらいまでは、一読しておく方がいいよね。多分、出題されると思うな!(少なくとも基本書の、そのエリアが熟読してね)


持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000087166.html

ここの「要項」と「法改正参考資料」は、必ず読んでおいても損はしないともいますよo(・ω・´o)





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ 平成30年度現物給与の価額(案)
   http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000168331
_________________________________

(!) ごめんなさい。今回は原案情報になります。

この後、現物給与は省令改正で、10日前後に告示されます。
ただ、出張が絡むので、帰った後はバタバタとするので、この数字は毎年、そのまま承認されているので、ちとフライングでお知らせします。



ここは、実務上の問題でありますよって、食事(給食)などを提供する事業所があれば、現物給与として報酬月額に上乗せしなければならい場合があるので、要チェックです。

食事の費用に関しては、ほぼ全国で上昇しています。住居の利益に関しては変更がありません。





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◆ 編集後記
_________________________________

ここにきて、数年に一度の大寒波…
https://ssl-ustat.amebame.com/exc/1517887300192/57lDt.JPG?size=640

雪の被害が出ていてるところにお住いの皆様、お見舞い申し上げます。
もう少しで改善されますから、不要不急の用事がない限り、家で待機してくださいね。



そんな、おきらく所長といえば、明後日は、関門海峡踏破すべく、次発のひかりちゃんで新下関を目指します。
その後、関門トンネル人道をひたすら歩いて九州入り。

門司港レトロと九州鉄道記念館を嵐ように駆け抜けて、後はひたすら熊本を目指すことになります。
翌日10日は、10日は、熊本県社会保険労務士会様の研修に登壇させていただきます。

いまさら聞けない賃金計算の話…

  (ノω・、) ウゥ・・・イマサラハナセナイ

3月以後には、さらにいくつかのセミナーが予定されていますが、興行主様のほうが発表されていないので、うちの方も保留にしています。決まれば、ここと、メルマガおきらく塾でお知らせいたします。こうご期待♪


   そうそう! 誤字脱字王ですから、
   多少のものは大目に見てやってくださいませ。
     ぉ原頁ぃ人(*´Д` *)⌒(* ´Д`*)人ぉ原頁ぃ




☆★☆--- おきらく社労士@法改正 メルマガ発行人 おきらく社労士 -----

            http://www.okiraku-sr.com/

----- おきらく社労士。どっとこむ -----------------------------☆★☆

平成30年2月7日 第25号


----------------------------------------------------------------------
おきらく社労士@法改正

社労士受験講師として、掴んだ法改正情報を受験生さんのために、
しょぼく垂れ流しするメルマガ
       (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!! ショボインデス

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001674361.html
----------------------------------------------------------------------
0001674361





↓ ここまでお読み頂きましてありがとうございました。
↓ ついでに ぽちっとクリック、お願いします。

法律・法学 ブログランキングへ



※おきらく塾(セミナー)の開催告知は、magmugのメルマガでも行っております。
 購読はこちらから… http://www.mag2.com/m/0001593005.html

※社労士受験講師として、掴んだ法改正情報を受験生さんのために、
  しょぼく垂れ流しするメルマガ
       (  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!! ショボインデス

 おきらく社労士@法改正
 購読はこちらから… http://www.mag2.com/m/0001674361.html




※業務錯綜のため、本体ブログの更新が滞っております。
 日々の出来事はミニブログで展開しております。
  比較的真面目なミニブログ…おきらく社労士α 
  リアル日常なミニブログ…… おきらく社労士β
 こちらを、お楽しみください。









おきらく社労士の特定社労士重要判例集

おきらく社労士の特定社労士重要判例集

  • 作者: 佐々木 昌司
  • 出版社/メーカー: 住宅新報社
  • 発売日: 2014/03
  • メディア: 単行本









nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
***免責事項***
ここに書かれてあるエントリーについては、エントリーした日の法律に基づいて書いております。その後の法律改正により、内容が異なる場合がありますのでご注意ください。







ブログを作る(無料) powered by So-netブログ